ララスリム 寝るとき

ララスリムは寝るときにも履くとより良い?

ララスリムの寝るとき

ララスリムは、今人気の着圧タイツなのですが、着圧タイツには夜寝るときには履けないものもありますが、ララスリムはどうなのでしょうか。寝るときも履けた方が24時間着圧効果が実感できるのでより効果が感じられそうですよね。

 

ララスリムが夜寝るときも履く事ができるのかどうか気になるので調べてみましたので気になる人は参考にしてください。

 

ララスリムは寝るときに履ける?

ララスリムは夜寝るときに履けるのかどうか、答えは寝るときにも履けます。ただし、気をつけないといけない事があります。それはララスリムには昼用と夜用があって夜寝るときには夜用を使用するということです。

 

逆の言い方をすると夜寝るときに着用できない着圧タイツは基本的に昼用しか無いと言うことなのです。この昼用を無理やり夜寝るときに履くとどうなるかというと着圧が高すぎて血流の流れが悪化したり、酷いと息苦しくなってしまうこともあるのです。

 

夜寝るときは着圧すると言ってもきつすぎるものを履いて寝るのは健康上問題があると言うことだったのです。だからララスリムは昼用と夜用が用意されていて夜寝るときには夜用を使うことで穏やかに着圧効果を発揮してくれるのですね。

寝るときに履くメリットは?

ララスリムは寝るときに夜用を履くことで効果を実感できるのですが、夜寝るときにララスリムを着用するメリットとはどのようなことなのでしょう。夜寝るときに着圧することのメリットを見ていきましょう。

 

寝るときに身体でどのような事が起きているのかというと脂肪を燃焼させるためのホルモンが分泌されているのです。その為に緩やかではありますがララスリムで着圧をしてあげる事でララスリムの脂肪燃焼効果とホルモン分泌の相乗効果で脂肪燃焼効果がとても高まるのです。

 

そのため脂肪燃焼されるとリンパの流れも改善されて脚やせ効果が高まるというメリットがあるのです。ララスリムなら夜専用に作られているのできつくて寝れないというような事はなく気持ちよく脚やせ効果が手に入るはずですよ。

昼用と夜用の違い?

ララスリムは寝るときにも履けるように昼用と夜用に分かれているのですが、一体どのような違いがあるのでしょうか。その違いについて見ていきましょう。

 

昼用の特徴は、圧力は高めにできています。そしてガードル機能設計で腰回りをしっかりサポートしてくれ、下腹のぽっこりを締め付けて抑えてくれます。更にふくらはぎの着圧が21.1hpaと他の部位より高くなっていて第2心臓であるふくらはぎに圧をかけてくれるので血流が良くなります。更に素材は80デニールでできているのでしっかり保温、保湿をしてくれます。

 

夜用はどうかというと昼用がレギンスタイプなのに対して太ももまでのソックスタイプになります。これは寝るときは腰回りを締め付けると血行が悪くなってしまうのでこのスタイルがベストなのです。

 

ララスリムなら昼はしっかり締め付け、夜は穏やかに脂肪燃焼を促進でき24時間効果を実感する事が出来るのです。そして健康に配慮した設計になっているので安心して試す事ができそうですね

 

>>ララスリム(昼用)の最安値はコチラ

 

>>ララスリム(夜用(ナイト))の最安値はコチラ