ララスリム サイズ

ララスリムのサイズがどうなっているのかを見ていこう!

ララスリムのサイズ

ララスリムは今までの着圧タイツでは不満があった人でも満足が出来る着圧タイツと話題の商品です。気になるので試してみようと思っているのですがサイズがどうなっていうのか気になりますよね。

 

ララスリムのような着圧タイツはサイズを間違えるときつすぎて履けなかったり、緩すぎて効果が無かったりするのでサイズは重要なアイテムです。気になるララスリムのサイズについて調べてみましたので参考にしてください。

 

ララスリムはサイズが選べる?

ララスリムの一番嬉しいところはサイズが各種あって選べるというところです。今まで販売されていた着圧タイツはどれもフリーサイズのものが多くサイズが選べませんでした。いくら素材が伸び縮みするからと行ってもやはり大きい人と小さい人が同じサイズで効果が出るとは思えないですよね。

 

その点ララスリムは、普通のタイツやストッキングなどと同様にサイズがあって選べるようになっているのでこれだけでも非常に嬉しい設計になっていますよね。ララスリムのサイズ選びは日中用と夜用では選ぶ基準に違いあるようです。

 

日中用については基準が身長とヒップになっていて身長145?160cm、ヒップ80?93cmの人はS?Mサイズ、身長150cm?165cm、ヒップ85?98cmの人はM?Lサイズ、身長155?170cm、ヒップ90?103cmの人はL?LLサイズから選ぶようになっています。

 

夜用については違う基準になっていて身長と太もも、ふくらはぎのサイズから選べるようになっています。身長145?160cm、太もも40?50cm、ふくらはぎ28?36cmの人はS?Mサイズ、身長150cm?165cm、ふともも45?55cm、ふくらはぎ30?38cmの人はM?Lサイズ、身長155?170cm、太もも50?60cm、ふくらはぎ34?42cmの人はL?LLサイズとなっています。基本的には3つのサイズから選ぶだけなので簡単なのも嬉しいですよね。

昼用の特徴は?

ララスリムは昼用と夜用が選べるのがメリットなのですが、そもそも昼用と夜用では何が違うのか気になりますよね。ララスリムの昼用と夜用の違いについて解説していきますね。

 

昼用のララスリムは、まず履いたままでも外出できるように普通のタイツと見た目はほとんど変わりません。そして80デニールのリブ編みとなっているので基本はどんなファッションでも問題なく履きこなせるはずです。

 

しかし、その機能はお尻やお腹をしっかり押さえてヒップアップしてくれるガードル機能設計となっているので下半身全体を綺麗にメイクアップしてくれるのです。そして、ララスリムの着圧機能は足首が17.2hpa、ふくらはぎが21.1hpa、太ももが10.8hpaと異なっていて第2の心臓であるふくらはぎに一番圧がかかるようになっているので血流が改善されるのです。

夜用は?

夜用のララスリムは、タイツではなくてソックスとなります。脚の甲から太ももにかけて心地よい適度な着圧効果を発揮してくれるのでリンパの流れが解消されてむくみの改善を図ってくれるのです。

 

夜寝るときに履くように設計されているので各部位ごとの着圧の具合にも非常にこだわって作られているので緩すぎず、きつすぎない着圧で最大限の効果を発揮してくれるのです。そして、着圧ソックスを身につけていることすら忘れてしまうくらいぐっすり眠れるのでビックリしますよ。

 

また、むくみ対策などにも効果を発揮しますし、飛行機などの長距離移動の時のエコノミー症候群対策にももってこいなのです。ララスリムなら昼用も夜用も体にフィットしたサイズを選ぶことができるのでとっても安心して試すことができそうですね。

 

>>ララスリム(昼用)の最安値はコチラ

 

>>ララスリム(夜用(ナイト))の最安値はコチラ